ファッション

「ジャンヴィト ロッシ」がメンズをスタート 伊勢丹メンズ館に日本1号店

 イタリアのシューズブランド「ジャンヴィト ロッシ(GIANVITO ROSSI)」は、2018年春夏からメンズ・コレクションをスタートする。すでにミラノとパリには、ウィメンズ店の近くにメンズの直営店をオープンしており、既存のショップコンセプトを踏襲しつつ、マスキュリンな雰囲気を取り入れた。

 日本では1月24日、伊勢丹新宿本店メンズ館地下1階に直営店をオープンした。同店では、細いトーが特徴的なスエードローファー(10万円)やフォーマルなスーツにも合うレザースニーカー(6万9000円)、レザーシューズ(10万4000円)などをそろえる。

 「ジャンヴィト ロッシ」は、シューズデザイナーのセルジオ・ロッシ(Sergio Rossi)の息子、ジャンヴィト・ロッシが2007年に立ち上げたシューズブランド。日本ではウィメンズを松屋銀座と伊勢丹新宿本店、阪急うめだ本店で取り扱っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら