ファッション

「ジャンヴィト ロッシ」がメンズをスタート 伊勢丹メンズ館に日本1号店

 イタリアのシューズブランド「ジャンヴィト ロッシ(GIANVITO ROSSI)」は、2018年春夏からメンズ・コレクションをスタートする。すでにミラノとパリには、ウィメンズ店の近くにメンズの直営店をオープンしており、既存のショップコンセプトを踏襲しつつ、マスキュリンな雰囲気を取り入れた。

 日本では1月24日、伊勢丹新宿本店メンズ館地下1階に直営店をオープンした。同店では、細いトーが特徴的なスエードローファー(10万円)やフォーマルなスーツにも合うレザースニーカー(6万9000円)、レザーシューズ(10万4000円)などをそろえる。

 「ジャンヴィト ロッシ」は、シューズデザイナーのセルジオ・ロッシ(Sergio Rossi)の息子、ジャンヴィト・ロッシが2007年に立ち上げたシューズブランド。日本ではウィメンズを松屋銀座と伊勢丹新宿本店、阪急うめだ本店で取り扱っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら