ビューティ

「ディセンシア」から敏感肌向けのシワ改善美容液登場 伊勢丹新宿本店に初の直営店も

 ディセンシアは10月1日、敏感肌専門ブランド「ディセンシア(DECENCIA)」が敏感肌用化粧品として初となるシワを改善する薬用オイル状美容液「アヤナス リンクルO/Lコンセントレート」(30mL、6500円)を公式ECサイトで発売する。また、9月にブランド初の直営店舗を伊勢丹新宿本店に開設。同店でも先行販売する。

 敏感肌に起こりやすいシワとして、表皮性のシワと真皮性のシワを今回初めて特定。この2層のシワにアプローチするシワ改善美容液のオイル状美容液の開発に着手した。オイルリキッド剤型にしたのは、肌への刺激を回避しスムーズに肌全体へ塗布できること、乾燥などの影響で硬くなった角層を軟化して肌への浸透性を高めるため、そして素早いハリ実感などをかなえるためだ。医薬部外品のシワ改善有効成分として承認されたナイアシンアミドを配合した。

 伊勢丹新宿本店への出店について「これまでECに特化した事業展開をしながら、イベントなどでオフラインでの顧客コミュニケーションにこだわってきた。その中でも、敏感肌に特化したカウンセリングや商品タッチアップのニーズが多くあり、また、当社としてもリアルなブランド体験価値の場をかねてよりつくりたいと思っていた」(同社広報担当)ことから初の直営店を開設。さらに、「敏感肌市場は、チャネルやカテゴリーなどもボーダーレスに変化しており、敏感肌スキンケアユーザーの選択肢も大きく増えている。当社が培ってきたサイエンスと美意識で作りあげたプレミアムな敏感肌スキンケアを伊勢丹新宿本店のお客さまに紹介していくことは新しいチャレンジとして、最もふさわしい戦略拠点となる」と述べた。店舗ではシワ改善美容液を含めフルラインを扱う予定で、「独自の美容法や美容スタッフのおもてなしなどにも触れてもらうよい機会」としている。

 同社は、ポーラ・オルビスグループ社内ベンチャー第1号として2007年1月に創業し、敏感肌専門化粧品のD2Cブランドを展開。30〜40代の働く女性を主力ターゲットにエイジングケアシリーズの「アヤナス(AYANASU)」、ホワイトニングシリーズの「サエル(SAERU)」、ベーシックシリーズの「つつむ(TSUTSUMU)」などを扱っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら