ビューティ

「シャネル」が男性のための限定バーバーショップをオープン メイクアップ&グルーミング体験も

 「シャネル(CHANEL)」は6月26日から7月2日まで、阪急メンズ東京 1階で男性向けのポップアップイベントを開催する。バーバーをコンセプトにした会場では、同ブランドのメンズ向けビューティアイテムを自由に試すことができるほか、無料のメイクアップ体験や理容師によるグルーミングアドバイスなども実施する(予約制)。

 男性のメイクアップは「ファイブイズム バイ スリー(FIVEISM × THREE)」や「ジバンシイ(GIVENCHY)」などから登場し、注目のジャンルになっている。「シャネル」も昨年11月から日本でも取り扱いを開始したブランド初のメンズメイクアップライン「ボーイ ドゥ シャネル(BOY DE CHANEL)」を持ち、ナチュラルな補正力を持つリキッドファンデーションや、繰り出し式のアイブロウペンシル、リップクリームなどを展開。ミッドナイトブルーのシックなパッケージや使いやすさなどから、メンズコスメ市場で高い存在感を放っている。

 同イベントではメイクに興味があっても手が出せずにいる見込み顧客や、メンズコスメの存在を知らない潜在顧客にアプローチ。タッチアップスペースや、ドレッサーの前でスタッフがメイクアップを施す機会を設けて、メンズメイクアップを身近に楽しむきっかけを提供する。

 そのほか、2010年の発売以来高い人気を誇るフレグランス「ブルー ドゥ シャネル」シリーズもラインアップ。6月1日に発売したばかりのシェービングクリーム2種も用意。これら製品の販売のほか、ブランドを代表する時計「J12」の新作の展示と販売も行う。

■「シャネル」バーバーショップ
日程:6月26日~7月2日
時間:11:00~20:00
場所:阪急メンズ東京 1階 Main Base
住所:東京都千代田区有楽町2-5-1

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら