フォーカス

成長力の差が目立つ国内ファッション企業 18年度決算を振り返る

 素材メーカーから小売店までファッション企業の2018年度決算が出そろった。百貨店グループ大手5社は4社が減益に転じ、百貨店販路の割合が高い総合アパレル企業は総じて苦戦した。専門店では、しまむらやTOKYO BASEなど業績を下げた企業が目立つなか、上期では苦戦を強いられたアダストリアは大きく持ち直し、ユナイテッドアローズやパルグループホールディングスなども力強さを見せた。スポーツ・アウトドア企業では、売り上げ・利益ともに過去最高を更新したゴールドウインの勢いが止まらない。各社の業績から国内ファッション市場の動向を振り返る。

【百貨店】

【ショッピングセンター】

【大手アパレル】

【専門店】

【スポーツ・アウトドア】

【EC】

【サプライヤー】