ニュース

ギャル誌「エッグ」が復活 ツイッター上で“ZOZO前澤方式”で復活希望RT募り実現

 ギャル誌「エッグ(egg)」が5月に復活する。同誌は年始に前澤友作ZOZO社長の「お年玉」企画と同じ方式を取り、公式ツイッターアカウントで、復活希望をリツイートで募るツイートを1月25日に投稿。1万リツイートで復活するとして、28日現在、2.9万件を達成している。リツイートした人の中から抽選で100人に復活した「エッグ」をプレゼントする予定で、31日まで応募を受け付ける。5月の復活以降の定期刊行予定は現在はない。

 ウェブ版「エッグ」の赤荻瞳・編集長は「予想以上に早く達成できたのでビックリしている。現在、ユーチューブでの動画を中心にコンテンツを発信している『エッグ』の視聴者は中高生がほとんど。でも、今回のツイッター企画では中高生以外に、かつての『エッグ』読者をはじめとする大人の方からも反響がたくさんあった。復活する『エッグ』でも、中高生から大人まで楽しめるような紙面にするつもり」とコメントした。

 「エッグ」は1995年にミリオン出版が創刊。渋谷のギャルカルチャーに焦点を当てて人気を博すが、2014年5月に休刊。18年3月にマーケティングやイベントなどを行う企業エムアールエーの運営のもと、ウェブ版「エッグ」として復活していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら