ビジネス

ライブコマースのCandeeからプロダクト重視の新プライベートブランド

 ライブコマース「ライブショップ!(Live Shop!)」を運営する動画制作大手のCandeeが、新たなプライベートブランド「ブラウン アンド ストリート(BROWN & STREET)」を始動する。D2C(Direct to Consumer)ブランドの形式で自社のライブコマースを販路とし、10月下旬に販売を開始する。先立って11日にはECサイトをオープンした。ターゲットは20〜30代女性。アイビースタイルを基調に、仕事・プライベートを問わず、コーディネートに迷わない着こなしアイテムを提案する。価格帯はジャケットが9000〜1万8000円、トップスが3900〜8900円、ボトムスが5900〜1万1000円。

 同社はすでにインスタグラマーの佐野真依子が手掛ける「トランクエイティーエイト(TRUNC 88)」やTOKYO BASEと協業した「ユースロゴクラブ(YOUTH LOGO CLUB)」、AKB48グループ公認EC専業ブランド「ユーニードナウ(UNEEDNOW)」、インフルエンサーのrinaによる「チェリッシュミー(CHERISH ME)」の4ブランドを運営している。

 同社5番目となる「ブラウン アンド ストリート」ではプロダクトに重点を起くため、これまでのようなブランドプロデューサーは起用しない。代わりに、他社ブランドとの組み合わせなども含めて自由に着こなしを提案してくれる“ブランドアンバサダー”としてインフルエンサーを起用する方針だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら