ビジネス

ライブコマースのCandeeからプロダクト重視の新プライベートブランド

 ライブコマース「ライブショップ!(Live Shop!)」を運営する動画制作大手のCandeeが、新たなプライベートブランド「ブラウン アンド ストリート(BROWN & STREET)」を始動する。D2C(Direct to Consumer)ブランドの形式で自社のライブコマースを販路とし、10月下旬に販売を開始する。先立って11日にはECサイトをオープンした。ターゲットは20〜30代女性。アイビースタイルを基調に、仕事・プライベートを問わず、コーディネートに迷わない着こなしアイテムを提案する。価格帯はジャケットが9000〜1万8000円、トップスが3900〜8900円、ボトムスが5900〜1万1000円。

 同社はすでにインスタグラマーの佐野真依子が手掛ける「トランクエイティーエイト(TRUNC 88)」やTOKYO BASEと協業した「ユースロゴクラブ(YOUTH LOGO CLUB)」、AKB48グループ公認EC専業ブランド「ユーニードナウ(UNEEDNOW)」、インフルエンサーのrinaによる「チェリッシュミー(CHERISH ME)」の4ブランドを運営している。

 同社5番目となる「ブラウン アンド ストリート」ではプロダクトに重点を起くため、これまでのようなブランドプロデューサーは起用しない。代わりに、他社ブランドとの組み合わせなども含めて自由に着こなしを提案してくれる“ブランドアンバサダー”としてインフルエンサーを起用する方針だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら