ビジネス

ジェイ ダブリュー アンダーソンの新CEOはルイ・ヴィトンから

 ジェイ ダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)は、同社の最高経営責任者(CEO)にジェニー・ガリンベルティ(Jenny Galimberti)=ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)前コミュニケーション&イベント・ディレクターを任命した。ガリンベルティ新CEOは、2017年末に個人的な理由で同社を去ったサイモン・ホワイトハウス(Simon Whitehouse)前CEOの後任だ。

 ガリンベルティ=ルイ・ヴィトン前コミュニケーション&イベント・ディレクターの後任には、ステファノ・カンティーノ(Stefano Cantino)=プラダ(PRADA)前コミュニケーション&イベント・シニア・バイス・プレジデントが就任する。

 ルイ・ヴィトンを擁するLVMH モエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)は13年からジェイ ダブリュー アンダーソンの46%の株式を保有している。ガリンベルティ新CEOの他、シルヴィー・コリン(Sylvie Colin)=ケンゾー(KENZO)CEO、セヴリーヌ・メルル(Severine Merle)=セリーヌ(CELINE)CEO、パスカル・ルポアブル(Pascale Lepoivre)=ロエベ(LOEWE)CEOなど、LVMHでは過去2年間、女性をCEOに起用するケースが増えている。

 ガリンベルティ新CEOは、グッチ(GUCCI)、ロレアル(L’OREAL)、スワロフスキー(SWAROVSKI)、プラダでコミュニケーションやブランド・ディベロップメントなどの分野で要職を務めた。その後アルフレッド ダンヒル(ALFRED DUNHILL)でチーフ・マーケティング・オフィサーを務め、15年にルイ・ヴィトンに入社。ルイ・ヴィトンでは、マイケル・バーク会長兼CEOとニコラ・ジェスキエール(Nicolas Ghesquiere)=ウィメンズ・アーティスティック・ディレクターのもと、世界レベルのメディアリレーションやイベント、デジタルなどのコミュニケーションやブランド・ディベロップメントの分野を率いていた。

 また、同氏の在任期間中にルイ・ヴィトンは「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」のヴァージル・アブローをメンズ・アーティスティック・ディレクターに、フランチェスカ・アムフィテアトロフ(Francesca Amfitheatrof)「ティファニー(TIFFANY & CO.)」前デザイン・ディレクターをウオッチ&ジュエリー・アーティスティック・ディレクターに迎えた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら