ファッション

カイア・ガーバーが語る デザインすること、カール・ラガーフェルドについて

 シンディ・クロフォード(Cindy Crawford)の娘でモデルのカイア・ガーバー(Kaia Gerber)とカール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)がカプセルコレクションを発表した。「Karl Lagerfeld x Kaia」のロゴで、ボディースーツやクロップトップ、レザーミニスカートなどのアイテムをそろえる。価格は35~1045ドル(約3850~11万4950円)で、「リボルブ」の公式サイトとカール・ドットコム(KARL.COM)で9月半ばまで限定販売されている。リボルブ・ソーシャル・クラブ(REVOLVE SOCIAL CLUB)の店舗では9月1~2日に同コレクションのポップアップイベントを行った。

 カイアはリボルブ・ソーシャル・クラブのVIPクラブハウスでのインタビューで「カールとは自分らしいスタイルをお互いに提案した。カリフォルニアのくつろいだスタイルとパリジャンのシックなスタイルの組み合わせが、非常にうまくいっていると思う」と語った。

 カプセルコレクションのコンセプトについて「トレンドを追いかけずクラシックなデザインにすることでもカールと意気投合している。私のファッションはレザージャケットやブレザー、ブラックドレスといったものばかり。カールは女性の装いについて深く理解している。だから私たちのスタイルで、ベーシックなデザインをたくさん作ったわ」と語った。

 またデザイナーの仕事については「コレクションを発表するまでに、どれだけの労力を要するのかを知って驚いた。でも、その努力は必ず報われると思う。初めて自分がデザインしたサンプル品が実際に服になって、それを手にしたときすごく感動した」と自身の経験を振り返り、これからもクリエイティブで新たなスキルが求められるチャレンジには積極的に取り組みたいと語り、デザインの仕事にも前向きだと語った。 

 カイアは、9月12日にニューヨーク・ブロードウェー通りの「カール ラガーフェルド パリ(KARL LAGERFELD PARIS) 」店舗で開催するカプセルコレクション・イベントへの参加を予定している。また10月2日のパリでのプレスイベントにはカイア、ラガーフェルドの2人が登場するという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら