ファッション

「ナイキ」 × ジャスティン・ティンバーレイクから新作コラボ“エア ジョーダン 3” 即完売モデルをアップデート

 「ナイキ(NIKE)」と米歌手のジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)が、コラボ“エア ジョーダン 3(AIR JORDAN 3)”(通称AJ3 JTH)の新作を発表した。価格は2万7000円で、8月28日に「ナイキ」の公式アプリ「NIKE SNKRS APP」で世界同時発売する。

 “AJ3 JTH”は、2月2日に発売されたジャスティンの5枚目のアルバム「Man of the Woods」と、同4日に出演した「スーパーボウル(Super Bowl)」のハーフタイムショーへの出演を祝し製作された。ジャスティンが森に佇む「Man of the Woods」のジャケットをインスピレーションとしたエレファント柄のトウやソール、ステージでも光るように反射素材を用いたスウッシュなどが特徴で、「ナイキ」のレジェンドデザイナーのティンカー・ハットフィールド(Tinker Hatfield)がデザインを手掛けた。

 新作は“BIO BEIGE”と名付けられ、“AJ3 JTH”の印象的なエレファント柄をブラックに、アッパーをホワイトからベージュに変更するなど、より「Man of the Woods」のイメージに寄せた色違いモデル。はき口には新たに「Man of the Woods」の収録曲である「Higher Higher」からとった“HIGHER”の文字を浮き彫りであしらうなど、細部もアップデートされている。

 前作の“AJ3 JTH”は、ハーフタイムショー直前に「NIKE SNKRS APP」でゲリラリリースされたにもかかわらず、即完売。その後、元値の10倍近い価格でリセール市場に出回っており、“BIO BEIGE”も同様に高値がつくとみられる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら