ファッション

ケンドリック・ラマーが「フジロック’18」で「Nハリ」を着用 「非常に気に入っている」

 7月27〜29日に開催された国内最大級の野外音楽フェス「フジロックフェスティバル'18(FUJI ROCK FESTIVAL'18以下、フジロック'18)」の2日目にヘッドライナーとして登場した“現代最高のラッパー”ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)が、「N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD以下、Nハリ)を着用してパフォーマンスを行った。

 台風12号の接近に伴う強い雨風の中スタートしたライブでケンドリックは、「Nハリ」2018-19年秋冬メンズ・コレクションのオーバーオールを着用して登場。スタイリングを手掛けたのは、古くからスタイリストを務めるダイアン・ガルシア(Dianne Garcia)で、いわくケンドリックが「Nハリ」を着用するのはこれが初めて。非常に気に入っているという。ダイアンはロサンゼルスを拠点に活動しており、普段から「Nハリ」の現地のショールームを訪れていることから着用に至った。

 ケンドリックが「フジロック'18」の舞台に立つのは、13年以来5年ぶり2度目。前回は2番目に大きいホワイトステージに出演し、お世辞にも客入りが良いとは言えなかったが、今回は約4万人を収容するメーンのグリーンステージをパンパンに埋め尽くした。

 ライブでは「DNA.」や「HUMBLE.」など、「グラミー賞(Grammy Awards)」を受賞した4thアルバム「DAMN.」の楽曲を中心に、「King Kunta」や「Bitch, Don't Kill My Vibe」などファンにはたまらない過去の人気曲含む全15曲を披露。アンコールでは、ケンドリックと同じく「TDE」に所属するソウルシンガーのシザ(SZA)との楽曲で映画「Black Panther」の主題歌「All The Stars」を披露し、駆けつけた大勢のファンを魅了した。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら