ファッション

ケンドリック・ラマーが「フジロック’18」で「Nハリ」を着用 「非常に気に入っている」

 7月27〜29日に開催された国内最大級の野外音楽フェス「フジロックフェスティバル'18(FUJI ROCK FESTIVAL'18以下、フジロック'18)」の2日目にヘッドライナーとして登場した“現代最高のラッパー”ケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)が、「N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD以下、Nハリ)を着用してパフォーマンスを行った。

 台風12号の接近に伴う強い雨風の中スタートしたライブでケンドリックは、「Nハリ」2018-19年秋冬メンズ・コレクションのオーバーオールを着用して登場。スタイリングを手掛けたのは、古くからスタイリストを務めるダイアン・ガルシア(Dianne Garcia)で、いわくケンドリックが「Nハリ」を着用するのはこれが初めて。非常に気に入っているという。ダイアンはロサンゼルスを拠点に活動しており、普段から「Nハリ」の現地のショールームを訪れていることから着用に至った。

 ケンドリックが「フジロック'18」の舞台に立つのは、13年以来5年ぶり2度目。前回は2番目に大きいホワイトステージに出演し、お世辞にも客入りが良いとは言えなかったが、今回は約4万人を収容するメーンのグリーンステージをパンパンに埋め尽くした。

 ライブでは「DNA.」や「HUMBLE.」など、「グラミー賞(Grammy Awards)」を受賞した4thアルバム「DAMN.」の楽曲を中心に、「King Kunta」や「Bitch, Don't Kill My Vibe」などファンにはたまらない過去の人気曲含む全15曲を披露。アンコールでは、ケンドリックと同じく「TDE」に所属するソウルシンガーのシザ(SZA)との楽曲で映画「Black Panther」の主題歌「All The Stars」を披露し、駆けつけた大勢のファンを魅了した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。