ファッション

有名写真家、マリポルが「マウジー」広告を撮影 2018-19年秋冬ビジュアルに起用

 バロックジャパンリミテッドの「マウジー(MOUSSY)」は、2018-19年秋冬のキャンペーンビジュアルの撮影にポラロイドアーティストのマリポル(Maripol)を起用した。

 アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)やジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)とも親交のあったことで知られるマリポルは、イタリアの「フィオルッチ(FIORUCCI)」のアートディレクションやマドンナ(Madonna)の代表作「Like a Virgin」のアルバムカバーデザインとスタイリングを手掛けた有名フォトグラファーだ。近年は「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」とのコラボ商品も発表している。

 今回は、1950年代のハリウッド女優をミューズにした「マウジー」の秋冬テーマ“Altenative/Elegant“を通して、レトロな印象のビジュアルに仕上げた。モデルには、シンガーソングライター兼女優のソーコ(Soko)とモデルのカルメン・ジュリア(Carmen Julia)を抜擢し、フェミニンでクラシカルなミックススタイルを披露した。

 ビジュアル撮影の模様は、「マウジー」の国内全店舗で配布している数量限定の「マウジー ジャーナル(MOUSSY JOURNAL)」に掲載されている。また8月5日から、バロックの複合ストア、ザ・シェルター トーキョー(The SHEL'TTER TOKYO)の縦9m × 横18mの巨大ビルボードにマリポル本人のサイン入りキャンペーンビジュアルが登場する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。