ニュース

有名写真家、マリポルが「マウジー」広告を撮影 2018-19年秋冬ビジュアルに起用

 バロックジャパンリミテッドの「マウジー(MOUSSY)」は、2018-19年秋冬のキャンペーンビジュアルの撮影にポラロイドアーティストのマリポル(Maripol)を起用した。

 アンディ・ウォーホル(Andy Warhol)やジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)とも親交のあったことで知られるマリポルは、イタリアの「フィオルッチ(FIORUCCI)」のアートディレクションやマドンナ(Madonna)の代表作「Like a Virgin」のアルバムカバーデザインとスタイリングを手掛けた有名フォトグラファーだ。近年は「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」とのコラボ商品も発表している。

 今回は、1950年代のハリウッド女優をミューズにした「マウジー」の秋冬テーマ“Altenative/Elegant“を通して、レトロな印象のビジュアルに仕上げた。モデルには、シンガーソングライター兼女優のソーコ(Soko)とモデルのカルメン・ジュリア(Carmen Julia)を抜擢し、フェミニンでクラシカルなミックススタイルを披露した。

 ビジュアル撮影の模様は、「マウジー」の国内全店舗で配布している数量限定の「マウジー ジャーナル(MOUSSY JOURNAL)」に掲載されている。また8月5日から、バロックの複合ストア、ザ・シェルター トーキョー(The SHEL'TTER TOKYO)の縦9m × 横18mの巨大ビルボードにマリポル本人のサイン入りキャンペーンビジュアルが登場する。