ファッション

シンディ・クロフォードの娘カイア・ガーバー、新世代スターとして本国「i-D」の表紙を飾る

 
 イギリス・ロンドン発のファッション&カルチャー誌「i-D」が2018年夏号“The New Fashion Rebels Issue”のカバーガールに新世代スターの一人としてモデルのカイア・ガーバー(Kaia Gerber)を起用した。

 カイアは、1990年代のスーパーモデルブームをけん引したシンディ・クロフォード(Cindy Crawford)と実業家のランディ・ガーバー(Rande Gerber)の娘で、兄のプレスリー・ガーバー(Presley Gerber)もモデルというサラブレッドの家系出身。母親譲りの美貌とファッションセンスで一躍注目を浴び、2018年秋冬コレクションではわずか16歳にして「シャネル(CHANEL)」や「フェンディ(FENDI)」「モスキーノ(MOSCHINO)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「プラダ(PRADA)」など数多くのショーに登場した。また、18年1月に「カール・ラガーフェルド(KARL LAGERFELD)」とのコラボコレクションを発表するなど、今後の活躍に熱い視線が集まるアイコン的存在だ。

 表紙を撮影したのは、ファッション誌「ヴォーグ(VOGUE)」や「ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)」をはじめ、「トム フォード(TOM FORD)」や「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」などのキャンペーンビジュアルを手掛けた写真家のマリオ・ソレンティ(Mario Sorrenti)。ディレクションは同誌のアラスター・マッキム(Alastair McKimm)が担当した。

[related post=491614" title="シンディ・クロフォードの娘、カイアがランウエイを独占 次なるジジになるか!?"]

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら