ファッション

シンディ・クロフォードの娘カイア・ガーバー、新世代スターとして本国「i-D」の表紙を飾る

 
 イギリス・ロンドン発のファッション&カルチャー誌「i-D」が2018年夏号“The New Fashion Rebels Issue”のカバーガールに新世代スターの一人としてモデルのカイア・ガーバー(Kaia Gerber)を起用した。

 カイアは、1990年代のスーパーモデルブームをけん引したシンディ・クロフォード(Cindy Crawford)と実業家のランディ・ガーバー(Rande Gerber)の娘で、兄のプレスリー・ガーバー(Presley Gerber)もモデルというサラブレッドの家系出身。母親譲りの美貌とファッションセンスで一躍注目を浴び、2018年秋冬コレクションではわずか16歳にして「シャネル(CHANEL)」や「フェンディ(FENDI)」「モスキーノ(MOSCHINO)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「プラダ(PRADA)」など数多くのショーに登場した。また、18年1月に「カール・ラガーフェルド(KARL LAGERFELD)」とのコラボコレクションを発表するなど、今後の活躍に熱い視線が集まるアイコン的存在だ。

 表紙を撮影したのは、ファッション誌「ヴォーグ(VOGUE)」や「ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)」をはじめ、「トム フォード(TOM FORD)」や「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」などのキャンペーンビジュアルを手掛けた写真家のマリオ・ソレンティ(Mario Sorrenti)。ディレクションは同誌のアラスター・マッキム(Alastair McKimm)が担当した。

[related post=491614" title="シンディ・クロフォードの娘、カイアがランウエイを独占 次なるジジになるか!?"]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら