ファッション

A2サイズのルーズリーフ版「i-D」が500部限定で販売 創刊当時のルーツに立ち返る

 イギリス発のファッション&カルチャー誌「i-D」は、新プリントプロジェクトの第1号としてA2サイズのルーズリーフで構成した「i-D」を500部限定で発売した。同誌の内容は、画像がダクトテープで補修してあるなど、通常号である「i-D」2018年春号の画像やテキストをリミックスしたものだ。その他、ラッパーのカーディ・B(Cardi B)のインタビューや写真家のティム・ウォーカー(Tim Walker)、マリオ・ソレンティ(Mario Sorrenti)、アーティストのペトラ・コリンズ(Petra Collins)らが撮影した写真などを収録している。

 グラハム・ラウンスウェイト(Graham Rounthwaite)「i-D」クリエイティブ・ディレクターは「この特別号は、雑誌からページを剥がしてみたり、戻してみたり、壁に貼ってみたり、額に入れてみたりと、ルーズリーフで構成されているためさまざまな用途で楽しむことができる。雑誌はその独自の形式に縛られてしまっているから、いろいろなことを試すことができるのは面白いと思った。テリー・ジョーンズ(Terry Jones)が『i-D』を創刊した1980年代当時の雑誌の主題を探求するため、あえて手作りしていた時の雑誌のルーツに立ち返って構成していった。雑誌業界を取り巻く状況は当時から大きく変わってしまったが、ものを手作りするという考えは万人に受け入れられるものだと思う」と語る。

 この「i-D」特別号は、ロンドンのセレクトショップ、マシン-A(Machine-A)で5月31日に50部が先行発売され、残りは「i-D」の公式サイトの他、日本ではグレイト(GR8)とエリミネイター(ELIMINATOR)で6月7日から販売している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。