ビジネス

ゼニアが「トム ブラウン」を買収

 エルメネジルド ゼニア グループ(ERMENEGILDO ZEGNA GROUP以下、ゼニア)はトム ブラウン(THOM BROWNE)の株式85%を取得する。

 株式の過半数を保有していたサンドブリッジ キャピタル(SANDBRIDGE CAPITAL)との合意によるもので、トム ブラウンの企業価値は5億ドル(約555億円)。少数株主だったストライプインターナショナルは全株式を手放した。2001年にブランドを立ち上げたトム・ブラウン本人は残り15%の株式を保有し、チーフ・クリエイティブ・オフィサーに留まる。ビジネスは独立を保ち、ロドリゴ・バザン(Rodrigo Bazan)最高経営責任者(CEO)も現職を継続する。

 ジルド・ゼニア(Gildo Zegna)=ゼニアCEOは「われわれは常に拡大を目指しており、外部との提携を考えた際に『トム ブラウン』はわれわれにぴったりだと考えていた。素材提供と共に、彼らの小売りのネットワーク拡大にも貢献できるだろう」と語る。

 トム・ブラウン本人も興奮を露わにする。「ゼニアの情熱とクラフツマンシップは、私のこれまでのコレクションへのアプローチと共通するものがある。われわれのビジネスの根幹を理解するだけでなく、それを備え、グローバルリーダーとしての知識とスキルを共有してくれるパートナーを得ることができた」と語る。

 業界筋によるとトム ブラウンの18年の売上高は1億4000万〜1億5000万ドル(約155億〜166億円)の見込みだという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら