フォーカス

トム・ブラウンにインフルエンサーYOSHIが聞く“デザイナーへの道”

 「トム ブラウン(THOM BROWNE)」はこのほど、日本版の公式インスタグラム(@thombrownejp)をスタートした。伊勢丹新宿本店本館のポップアップイベントのため2年半ぶりに来日したトム・ブラウン=デザイナーに、この春高校生になったばかりのインフルエンサー、YOSHIが直撃。トムからプレゼントされたお馴染みのトリコロールがポイントのスエットを着用しながら、インスタグラムのこと、デザイナーのこと、トムの高校生時代のことなど、素直な疑問をぶつけた。寡黙でシャイな人柄で知られるトムに、高校生インフルエンサーはどう切り込む?

YOSHI:インスタグラムでは何を発信していきたい?

トム・ブラウン(以下、トム):特別でクレイジーなものはすべて載せるよ。

YOSHI:僕もデザイナーになりたいんだけど、デザイナーになるにはどうしたらいい?

トム:一番大事なことはまず洋服の作り方を学ぶこと。基本の基本だけどまずはそこかな。それは有名になってお金をもらえるとか、インスタグラマーになるとか華やかなことばかりじゃない。まずは洋服をきちんと作る基礎を勉強しなさい。

YOSHI:トムはどんな高校生だった?

トム:YOSHIほど、クールじゃなかったよ(笑)。

YOSHI:当時はどんな服装だった?

トム:随分昔だからブランドにアクセスする方法があまりなかった。みんなが注目するブランドって「ラルフ ローレン(RALPH LAUREN)」しかなかったしね。

YOSHI:僕がデザイナーになったらコラボしてくれる?

トム:まずはいいデザイナーにならなきゃいけないよ。

YOSHI:頑張ります!

トム:Good luck!