ファッション

14歳インフルエンサーのYOSHIが「ヘルムート ラング」の広告塔に

 14歳インフルエンサーのYOSHIがモデルを務めた「ヘルムート ラング(HELMUT LANG)」の最新キャンペーンビジュアルが7月26日に公開された。フォトグラファーのイーサン・ジェームズ・グリーン(Ethan James Green)が撮り下ろし、6カ月間、店頭ポスターやビルラッピング、DM、インターネット、カタログなどで披露されている。

 モデルにはYOSHIの他にも作家のクリス・クラウス(Chris Kraus)や映画監督のラリー・クラーク(Larry Clark)、ポルノ女優のトレイシー・ローズ(Traci Lords)、「ヘルムート ラング」のカプセル・コレクションに携わるデザイナーのシェーン・オリバー(Shayne Oliver)ら、性差、国籍、年齢、職業など全てがシャッフルされた、バラエティーに富んだ17人が選ばれた。キャンペーンビジュアルは今後、順次公開されていく予定だ。

 今回のキャスティングは、シェーン=デザイナー自ら、直接YOSHIのインスタグラムにメッセージを送ってオファーした。YOSHIは「最初はただ『モデルをやってもらえないか?』というメッセージだった。ブランド名を聞くと『ヘルムート ラング』と返答が来て、その瞬間ヨッシャー!ってガッツポーズした。グローバルブランドでモデルができてすごくうれしい」と心境を話した。撮影は6月初頭にニューヨークで行われた。日本での撮影よりもラフで楽しめたという。「撮影はいつも通りの気持ちで臨んだ」とYOSHI。今後はモデルとして、より活躍することが目標で、将来はファッションデザイナーを目指すと答えた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら