ニュース

約22兆円の米の対中追加関税リスト ファッション関連の対象品は?

 ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領は10日、中国に対する追加制裁として、2000億ドル(約22兆円)に相当する6031品目への10%の追加関税を発表した。

 米国のファッション産業にとって中国は最重要国だ。政府が公開している情報によると、米国は2017年に中国から270億ドル(約2兆9700億円)相当のアパレル製品を輸入しており、その金額は輸入アパレル全体の34%を占める。

 追加関税対象6031品目に含まれるファッション関連のアイテムのリストは以下の通り。

・服飾雑貨:レザーグッズ、帽子、ハンドバッグ、スーツケース
・日用品:化粧品、香水
・金属関連:金、銀、プラチナ
・アパレル関連:テキスタイル全般(毛、絹、綿、合繊)、ファー、人工ファー、服飾付属品(ファスナー、ボタンなど)
*リストに含まれないもの:シューズ、スポーツ用品、衣料品の大半(製品化されたもの)、腕時計

 これらの品目への追加関税は、今後公聴会を経て9月に発動される予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

“副業・複業を解禁せよ!” 多様な働き方の推進が急務

「WWDJAPAN」5月17日号は、「複業を解禁せよ! 多様な働き方」特集です。コロナ禍で働き方が見直される中、商業施設などが突然の休業に見舞われても副業を解禁できていない企業は多くあります。「WWDJAPAN」ユーザー2130人への働き方に関する意識調査を行ったところ、8割が「副業したい」と回答。本号では副業・複業のメリット、これからの働き方について考察します。

詳細/購入はこちら