ファッション

「プロエンザ スクーラー」2014-15年秋冬ニューヨーク・コレクション 

FRONT ROW

 

プロエンザ スクーラー(PROENZA SCHOULER)」2014-15年秋冬ニューヨーク・コレクションでは、ダコタ・ファニング(DakotaFanning)やマルゲリータ・ミッソーニ(Margherita Missoni)などが来場した。ダコタはデザイナーのラザロ・ヘルナンデス(Lazaro Hernandez)とジャック・マッコロー(Jack McCollough)に関して「とても才能のあるデザイナーだわ。先週会った時にコレクションについて話してくれたけど、見てのお楽しみね」とコメント。フォトグラファーのマックス・スノー(Max Snow)や仏「パープル」誌のオリヴィエ・ザーム(Olivier Zahm)編集長、バーニーズ ニューヨークのクリエイティブ・ディレクターを務めるサイモン・ドゥーナン(Simon Doonan)などもフロントローに姿を現した。

プロエンザ スクーラー?2014-15年秋冬コレクション?全ルック

2014-15年秋冬ニューヨーク・コレクション・フロントロー?関連記事一覧

?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有終の美もドリスらしく 2025年春夏メンズ速報

「WWDJAPAN」7月8日号は、2025年春夏メンズ・コレクション速報です。表紙と巻頭では、今シーズン最も話題を集めた、ドリス・ヴァン・ノッテン(Dries Van Noten)によるラストショーを紹介します。「ドリス ヴァン ノッテン」として初めてランウエイショーを開催してから、通算129回目を迎える引退ショーを通じて、ドリスは何を伝えたかったのでしょうか。答えは、とても潔くシンプルでした。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。