ファッション

「カルバン・クライン コレクション」2014-15年秋冬ニューヨーク・コレクション 

FRONT ROW

 

「カルバン・クライン コレクション(CALVIN KLEIN COLLECTION)」2014-15年秋冬ニューヨーク・コレクションでは、女優のナオミ・ワッツ(Naomi Watts)やルピタ・ニョンゴ(Lupita Nyong'o)が来場した。

ニョンゴは同ブランドの2014‐15年プレフォールからローズカラーのアルパカカシミヤ・ニットドレスを、ワッツはアイスブルーのダブルフェイスカシミヤ・ドレスを着用。ワッツは「フランシスコ・コスタ(Francisco Costa)のデザインする洋服はウエアラブルでシック。着心地も良く、私のような華奢なタイプにはぴったり」とコメント。2014−15年秋冬コレクションに関して「コートとシューズがすてきだったわ。あのようなシューズをレッドカーペットで履きたいわ」と映画「それでも世は明ける」でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたニョンゴ。

ほか、モデル兼女優のドリー・ヘミングウェイ(Dree Hemingway)とニューヨークの人気レストランであるレッド・ラディッシュのオーナーのフィル・ウィンサー(Phil Winser)、ソーシャライトのミシェル・ハーパー(Michelle Harper)や同ブランドのメンズを手掛けるイタロ・ズッケーリ(Italo Zucchelli)などがフロントローに姿を現した。

カルバン・クライン コレクション 2014-15年秋冬コレクション 全ルック

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら