ファッション

「カルバン・クライン コレクション」2014-15年秋冬ニューヨーク・コレクション 

FRONT ROW

 

「カルバン・クライン コレクション(CALVIN KLEIN COLLECTION)」2014-15年秋冬ニューヨーク・コレクションでは、女優のナオミ・ワッツ(Naomi Watts)やルピタ・ニョンゴ(Lupita Nyong'o)が来場した。

ニョンゴは同ブランドの2014‐15年プレフォールからローズカラーのアルパカカシミヤ・ニットドレスを、ワッツはアイスブルーのダブルフェイスカシミヤ・ドレスを着用。ワッツは「フランシスコ・コスタ(Francisco Costa)のデザインする洋服はウエアラブルでシック。着心地も良く、私のような華奢なタイプにはぴったり」とコメント。2014−15年秋冬コレクションに関して「コートとシューズがすてきだったわ。あのようなシューズをレッドカーペットで履きたいわ」と映画「それでも世は明ける」でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたニョンゴ。

ほか、モデル兼女優のドリー・ヘミングウェイ(Dree Hemingway)とニューヨークの人気レストランであるレッド・ラディッシュのオーナーのフィル・ウィンサー(Phil Winser)、ソーシャライトのミシェル・ハーパー(Michelle Harper)や同ブランドのメンズを手掛けるイタロ・ズッケーリ(Italo Zucchelli)などがフロントローに姿を現した。

カルバン・クライン コレクション 2014-15年秋冬コレクション 全ルック

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら