フォーカス

ロンハーマンに大人の心が躍るハイエンドな“タコ”上陸

 フランスのハイエンドぬいぐるみブランド「ビッグスタッフ(BIGSTUFFED)」が9月、日本に本格上陸する。ロンハーマン(RON HERMAN)が独占的に販売するもので、同店がこの秋“HOME Sweet HOME”と題して、3世代で暮らす“HOME”をテーマに作り上げる新たな空間で披露される。この空間はロンハーマン各店を巡回する。

 物憂げな表情、特にうつろな目がなんともいえず愛くるしい。このあるようでなかった絶妙なデザインは、ファッション業界で活躍していたデイナ・マスカット(Dana Muskat)によるもので、彼女が生まれたばかりの姪に「この世界へようこそ」という気持ちを込めて大きな白いタコのぬいぐるみを作ってプレゼントしたことがきっかけだったという。

 ぬいぐるみコレクションは基本的に全て白。「みんなと違って白く生まれてきたことで、家族から深い海の底に捨てられてしまった生き物たち」という「醜いアヒルの子」的ストーリーと共に生まれた。そして彼らは「引き取ってくれる新しい家族や飼い主を探している」という設定だ。コットンやウール、人工ファーを使って職人が一つ一つ手作りしているだけあり、価格はミニサイズが7900~8900円、スモールサイズが1万8000~2万2000円、ビッグサイズが2万3000~3万1000円、LLXサイズが3万8000円とかわいくはない……が、リアリティーのある絶妙なデザインは、子どもはもちろん、大人も心を躍らせるもので、人気を呼ぶに違いない。