ビジネス

バーバリーが伊レザーグッズ・メーカーを買収 レザーグッズ強化戦略の一環

 バーバリー(BURBERRY)はレザーグッズ強化のため、10年以上にわたって関係を築いてきたイタリアのレザーグッズメーカー、CF & Pを部分的に買収した。買収の詳細は非公開だが、「バーバリー」に関連して働くCF & Pの従業員は、2018年末の買収完了までにバーバリーに移籍する。

 マルコ・ゴベッティ(Marco Gobbetti)=バーバリー最高経営責任者(CEO)は「ブランドにとって重要な転機となるだろう。この買収により、サンプル製作から商品開発、エンジニアリング、生産調整までをカバーすることで、レザーグッズの品質、コスト、納期、サステイナビリティーをより厳しく管理することができる」と語った。

 CF & Pはイタリア・フィレンツェ郊外の町、スカンディッチを拠点にし、ラグジュアリーレザーグッズの商品開発と生産で知られている。「バーバリー」の商品生産はスカンディッチの工場で引き続き行われるが、今回の買収に含まれない部分は今後も「バーバリー」以外の生産を継続する。

 ゴベッティCEOは17年11月の戦略発表で、ラグジュアリーレザーグッズの強化を優先事項とし、多様な価格帯と種類のバッグの提供と改良、シューズとレザーアクセサリーの強化を目標に掲げた。バーバリーは17年3月にレザーグッズ&シューズ・デザイン・ディレクターを新設し、「プラダ(PRADA)」や「ディオール(DIOR)」で経験のあるサブリナ・ボネージ(Sabrina Bonesi)を同職に任命している。同氏は現在、バーバリーのメンズ、ウィメンズのバッグ、シューズ、アクセサリーを担当している。さらに、18年3月には、クリストファー・ベイリー(Christopher Bailey)の後任として、チーフ・クリエイティブ・オフィサーにリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)が就任。彼のファースト・コレクションは、19年春夏ロンドン・ファッション・ウイーク期間中の9月17日に発表される。

 なお、コンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT)も17年にイタリア・ミラノのアクセサリーブランドおよびレザーグッズメーカーのセラピアン(SERAPIAN)を買収している。また、CF & Pが拠点とするスカンディッチには、ケリング(KERING)傘下のグッチ(GUCCI)も4月に新生産拠点をオープンしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら