ファッション

ヴァージル × 「ナイキ」の“エア ジョーダン 1”が、バスケ好きにはたまらないカラーに

 「ナイキ(NIKE)」とヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)が昨年11月に発表したスニーカーのリデザインプロジェクト「THE TEN」から、新たなモデルがまたヴァージルのインスタグラムで披露された。

 今回披露されたのは、以前から噂されていた「THE TEN」の中でもっとも人気の高い“エア ジョーダン 1(AIR JORDAN 1)”をブルーとホワイトカラーにアップデートしたもの。これは同スニーカーのモデルになった“バスケの神様”ことマイケル・ジョーダン(Michael Jordan)の出身校であるノースカロライナ大学のシンボルカラー“ノースカロライナブルー”にオマージュを捧げたカラーウエイだ。

 6月初旬に190ドル(約2万円)で発売されると予想されているが、昨年11月のオリジナルと今年3月のオールホワイトモデルはどちらもリセールサイトで元値の5~10倍近い約10万~20万円で取引されているだけに、今回も激しい争奪戦が予想される。

 なおヴァージルは7日夜(現地時間)、ニューヨークのメトロポリタン美術館で開催されるアナ・ウィンター(Anna Wintour)米「ヴォーグ(VOGUE)」編集長主催のファッションの祭典「メットガラ(MET GALA)」へ出席する際に同スニーカーを着用してレッドカーペットに登場するようだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら