ファッション

マイケル・ジョーダン本人が着用した“エア ジョーダン 1”、史上最高額で落札

 “バスケの神様”と称され、殿堂入りも果たしているマイケル・ジョーダン(Michael Jordan)が実際に着用して試合に出場した自身のシグニチャーモデル“エア ジョーダン 1(AIR JORDAN 1)”が、5万5000ドル(約610万円)で落札された。スニーカーコレクターの間で1番人気といわれる同モデル史上、最高額での落札だ。

 出品先の「ヘリテージ・オークションズ(Heritage Auctions)」によると、1985-86シーズンの直前に足首を骨折したジョーダンのために特別にカスタマイズされたもので、プレイオフで着用したもの。

 これまでにもジョーダン本人が着用したスニーカーはたびたび出品されており、81-82シーズンのノースカロライナ大学在学中に着用していた「コンバース(CONVERSE)」が3万3387ドル(約370万円)、ルーキーシーズンの84-85シーズンに着用していた“エアシップ(AIR SHIP)”が7万1554ドル(約794万円)、同84年のロサンゼルス・オリンピックの男子バスケットボール決勝で履いた「コンバース」が19万373ドル(約2113万円)、97-98シーズンのNBAファイナル第5戦「インフルエンザ・ゲーム(flu game)」で履いた“エア ジョーダン 12”が10万4765ドル(当時約1162万円)で落札されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。