ニュース

欧州の2大高級ネット通販の創業者がタッグ D2Cのベンチャー支援ファンド

 イギリスの高級ブランドのネット通販サイト「ネッタポルテ(Net-A-Porter)」の創業者ナタリー・マセネット(Natalie Massenet)が、ニコラス・ブラウン(Nicholas Brown)をパートナーに、昨年10月に立ち上げたベンチャーファンド、イマジナリー・ベンチャーズ(Imaginary Ventures)の詳細が明らかになってきた。投資先はD2C(Direct to Consumer)のアーリーステージの企業で、ファッション、ビューティ、ウェルネス、飲食分野が対象になる。運用資金は7500万ドル(約80億2500万円)。ニコラスはベンチャーキャピタル14Wの元パートナーで、EC専業アパレル「エバーレーン(EVERLANE)」の取締役だった人物だ。

 出資者には、「ネッタポルテ」時代にライバルだった「マッチズファッションドットコム(MATCHESFASHION.COM)」の共同創業者兼会長だったトム&ルース・チャップマン夫妻(Tom & Ruth Chapman)、不動産業者のカルーソ・リアルエステートグループ(Caruso Real Estate Group)の総帥リック・カルーソ(Rick Caruso)が名を連ねる。トム・チャップマンは、「ナタリーはイノベーティブで、ニコラスはアーリーステージの企業の投資家としては非常に成功した人物だ。ラスと私は新しい消費財ビジネスを活性化させる役割になる」と語る。

 イマジナリー・ベンチャーズの投資先は、SNSを駆使して急成長を続けるコスメブランドの「グロシエ(GLOSSIER)」、LAをベースにしたサステイナブル・ファッションブランドの「リフォーメーション(REFORMATION)」、シームレスタイツの人気ブランド「ヘイスト(HEIST)」、サイズフリーのストレッチデニムブランドで、クロエ・カーダシアン(Khloe Kardashian)とエマ・グリード(Emma Grede)が手掛ける「グッドアメリカン(GOOD AMERICAN)」、最注目サステイナブルブランドの「エバーレーン」、ナタリーが共同会長を務める「ファーフェッチ(FARFETCH)」が名を連ねている。