ビジネス

ロレアルとエスティ ローダーの取締役会メンバーにエルメスやレント・ザ・ランウェイのCEOが任命

  ロレアル(L'OREAL)は、取締役会のメンバーにアクセル・デュマ(Axel Dumas)=エルメス社長兼最高経営責任者(CEO)を任命すると、年次総会で決定した。また、この年次総会ではジャン・ポール・アゴン(Jean Paul Agon)=ロレアル会長兼CEOの任期を延長することも決定した。年次総会の後に開催された取締役会会議では5億ユーロ(約660億円)相当の株式の買い戻しを開始することが決まった。 

 一方、エスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES以下、ELGC)は取締役会のメンバーにジェニファー・ハイマン(Jennifer Hyman)=レント・ザ・ランウェイ(RENT THE RUNWAY)CEOを任命した。

 ウィリアム・P・ローダー(William P. Lauder)ELGCエグゼクティブ・チェアマンは「ハイマンはそのクリエイティブ精神とともに、ベンチャーマインド、革新的な小売形態、ミレニアル世代の消費者、オムニチャネルのノウハウを社にもたらしてくれることだろう。彼女を迎えられることを光栄に思う」とコメントした。

 ハイマンCEOは2009年にレント・ザ・ランウェイを共同設立。現在では、従業員約1200人の規模に成長し、ファッションのサブスクリプションサービスとオーダーやアクセサリーのレンタルサービスなどを約900万人の会員に提供し、500以上のブランドを取り扱っている。ハイマンCEOはレント・ザ・ランウェイ設立以前はタレントマネジメントのIMGの事業開発ディレクターを務めていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら