ビジネス

LVMH会長が「シャネル」買収のウワサを否定

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON 以下、LVMH)のベルナール・アルノー会長兼最高経営責任者(CEO)は12日に開かれた年次総会で「シャネル(CHANEL)」買収の噂を公式に否定した。

 噂の内容はLVMHの上級幹部が買収の可能性を探るために「シャネル」のオーナー、ヴェルタイマー(Wertheimer)一族に面会したというものだが、「『シャネル』のビジネスは素晴らしいが、彼らとは連絡を取っていない。誰がこの噂を流したか知らないが、誤情報だ。この手の話はよくある」とアルノー会長兼CEOはコメントした。

 この手の話には原則として反応しない「シャネル」も、「オーナーは『シャネル』を手放す予定はなく、この噂は全くの嘘であると断言する」とコメントを発表した。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら