ビジネス

LINEが京都に国内第3の開発拠点、6月13日オープン

 LINEが6月13日、京都に国内第3の技術・開発拠点となる「LINE KYOTO」をオープンする。場所は京都府京都市下京区四条通麸屋町西入る立売東町28番地SAKIZOPLAZA。LINE関連の実際の開発に加えて、京都を中心とした関西地方の学生への就業機会の提供や技術交流の場としてオープンな環境を目指す。オフィスでは“未完成であること”をテーマに、AIスピーカーなどのIoTデバイスによるオフィス設備の制御など、実験の場としても活用していく計画だ。

 LINE KYOTOではAIアシスタントの“クローバ(Clova)”などの研究・開発を担当するエンジニア職の採用を強化し、中期的に100人規模の組織を形成する予定という。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら