ファッション

「ブルガリホテル」、パリと上海にもオープン 全室スイートのラグジュアリー空間

 ブルガリ(BVLGARI)は、2020年開業予定でパリにホテルを建設している。上海でもホテルを建設中で、こちらは年内にオープンする計画だ。「ブルガリホテル」がミラノで開業したのは04年。バリ、ロンドン、北京、ドバイ、モスクワにもあり、20年にパリが開業すれば世界で8軒となる。

 パリの「ブルガリホテル」は、ショッピングや観光の中心地であるシャンゼリゼ通りやモンテーニュ通りにほど近い、ジョルジュサンク通りに開業する。「このような素晴らしい場所にホテルをオープンできることを大変うれしく思う。ローマ発のジュエラーであるブルガリのホスピタリティーを発揮することで、パリのホテルのレベルを押し上げることができるだろう」と、ジャン・クリストフ・ババン(Jean Christophe Babin)最高経営責任者(CEO)は語る。

 ホテルは76室で、そのほとんどがスイートルームとなる。スパ施設と25mプール、中庭に面したレストランやバーを備える。設計は、「ブルガリホテル」御用達の建築事務所、アントニオ・チッテリオ・パトリシア・ヴィエル(Antonio Citterio Patricia Viel)と、パリの事務所ヴァロード&ピストレ(Valode & Pistre)が担当する。既存の建物を修復して、モダンな表情に生まれ変わらせるという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら