ビジネス

リバティ新CEOにビューティ企業の要職を歴任した人物が就任 ビューティ事業強化が目的か

 英百貨店リバティ(LIBERTY)は新たな最高経営責任者(CEO)としてアディル・ミボーブカーン(Adil Mehboob-Khan)を指名した。ミボーブカーンCEOはウエラ(WELLA)やプロクター・アンド・ギャンブル(PROCTER & GAMBLE以下、P&G)など、ビューティ業界での経験が豊富な人物で、2016年3月までイタリアの大手アイウエアメーカーのルックスオティカ(LUXOTTICA)の共同CEOを務めていた。

 前任者で、16年に退任したエド・バーステル=リバティ元マネジング・ディレクターが8年の在任期間中に作り上げたビューティ部門強化のさらなる補強を行うために、ビューティの経験豊富なミボーブカーンCEOを指名したものとみられている。

 また、具体的な時期は決まっていないが、投資会社ブルージェム キャピタル パートナーズ(BLUEGEM CAPITAL PARTNERS)傘下のリバティは新規株式公開(IPO)に向けて着々と準備を進めている。ミボーブカーンCEOの上場企業での経験も今回の人事に関係しているようだ。

 ミボーブカーンCEOはロンドン出身。パキスタン人の父とイタリア系ハンガリー人の母の間に生まれ、ローマで育った。ロンドン大学でエンジニアリングを学んだ後、1987年にP&Gに入社し、2009年からは欧州全土のビューティ小売り事業を統括する副社長に就任。11年にはP&G傘下のウエラの社長に就任した。

 「リバティのように厚みのあるヘリテージを有する企業は少ない。ランドマークにもなっているロンドンの店舗や独特なファブリック事業、そして『リバティ ロンドン』ブランドは世界中でヒットするポテンシャルを秘めている」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

読者人気ナンバーワンに輝いたのは? 「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」結果発表!

「WWDJAPAN」6月27日号の特集は、「2022-23年秋冬リアルトレンド総選挙」。編集部員が展示会を回って撮影・セレクトした、ファッションビルやSC、百貨店、セレクトショップなどを販路とする総勢32ブランドの新作ルックをウェブで公開し、ユーザーからの投票を募りました。

詳細/購入はこちら