ニュース

伊藤忠の岡藤社長が会長兼CEOに

 伊藤忠商事は、4月1日付で岡藤正広・社長(68)が代表権のある会長兼CEO(最高経営責任者)に就任し、社長兼COO(最高執行責任者)に鈴木善久・専務執行役員(62)が昇格するトップ人事を発表した。同社がCEO、COO職を設置するのは初めて。岡藤氏は引き続きグループ全体の陣頭指揮を執る。

 繊維部門出身の岡藤氏は2010年の就任以来、強力なリーダーシップを発揮。総合商社の中で万年4位が定位置だった伊藤忠の純利益を16年3月期に首位に押し上げた。14年から15年にかけては、タイ財閥のチャロンポカパン、中国のCITIC(中国中信集団)と資本提携を結び、アジアの巨大消費市場での収益拡大に乗り出すなど、大型プロジェクトを指導した。カリスマ経営者として名声を集めた岡藤氏は、慣例では6年で交代する同社の社長職を、金融機関や取引先からの留意もあって延長していた。今春で社長就任丸8年になるため、その去就が注目されていた。

 新社長の鈴木氏は東京大学工学部を卒業後、1979年に同社に入社。主に航空・宇宙部門でキャリアを重ね、2016年から現職に就いていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら