ビジネス

米ニーマン・マーカス 後任CEOはラルフ ローレンのトップ幹部

 近く退任することが明らかになった米高級百貨店ニーマン マーカス グループ(NEIMAN MARCUS GROUP以下、NMG)のカレン・カッツ(Karen Katz)社長兼最高経営責任者(CEO)の後任に、ジェフロイ・ヴァン・ラムドンク(Geoffroy van Raemdonck)が就任することが判明した。

 ヴァン・ラムドンクは直近までラルフ ローレン(RALPH LAUREN)の中東・欧州・アフリカ地域グループ・プレジデント兼グローバル・トラベルリテール部門グループ・プレジデントを務めた人物。また、それ以前はセント ジョン(ST. JOHN)のCEOやルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の要職に就いていた。

 カッツ社長兼CEOは2月12日付で退任するが、その後も取締役として経営に携わる。退任のニュースは1月4日に「ウォール・ストリート・ジャーナル(WALL STREET JOURNAL)」で報じられたが、その際は同社からコメントは得られなかった。カッツ社長兼CEOは1985年に同グループに参加。以降、同グループで32年間ものキャリアを積んだ人物だ。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。