ビジネス

米高級百貨店ニーマン・マーカス グループのトップが退任

 米高級百貨店を運営するニーマン マーカス グループ(NEIMAN MARCUS GROUP以下、NMG)のカレン・カッツ(Karen Katz)社長兼最高経営責任者(CEO)が近く退任することが分かった。1月4日に「ウォール・ストリート・ジャーナル」がカッツ社長兼CEOの退任を報じたが、NMGからコメントは得られなかった。カッツ社長兼CEOは退任後も取締役として経営に参加すると見られている。

 NMGを擁する投資会社アレス・マネジメント(ARES MANAGEMENT)とカナダ・ペンション・プラン・インベストメント・ボード(CANADA PENSION PLAN INVESTMENT BOARD)は、ラグジュアリー小売業界の外でカッツ社長兼CEOの後任を探していると見られている。情報筋は「新鮮な視点を持つ人物を探している」とコメントしている。

 カッツ社長兼CEO(60)は、1978年に小売業界でキャリアをスタート。85年に米テキサス州ヒューストンのニーマン マーカスにアシスタントマネジャーとして参加する。その後、96年から全店舗を監督するシニア・バイス・プレジデント、98年からエグゼクティブ・バイス・プレジデント、2000年からNMG傘下のニーマン マーカス ダイレクト(NEIMAN MARCUS DIRECT)の社長兼CEO、02年から同傘下のニーマン マーカス ストアズ(NEIMAN MARCUS STORES)のCEOなど要職を務め、10年10月から現職。

 同グループは17年7月期通期決算の売上高が前期比4.9%減の47億599万ドル(約5317億円)の減収で、純損失は前期の4億611万ドル(約454億円)から5億3175万ドル(約45億円)に拡大しており、厳しい経営状況にある。一時は身売りも検討していたが、カッツ社長兼CEOは「独立企業として運営していく」とコメントしていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。