ビジネス

メイシーズの買収実現せず カナダ大手はアジア小売りにも注目!?

 カナダの小売り大手ハドソン・ベイ(HUDSON'S BAY)が、全米最大の百貨店メイシーズ(MACY'S)の買収を断念したことが明らかになった。関係者が明かした。その関係者は、「単純に買収額が折り合わなかった。メイシーズは価格を引き上げようと、一方のハドソン・ベイは下げようと腐心するばかりだった」と話す。HBCは同社より巨大なメイシーズを飲み込むべく、中国系を含む投資会社などとの連衡策を練っていたが、実現しなかった。また、2社の組織をどう統合するか、合併後どちらの会社がリーダーシップを取るかなどについても、双方の隔たりは大きかったようだ。

 両社の合併話が暗礁に乗り上げたことで、業界筋は資金が潤沢なハドソン・ベイの次なる標的をウワサし始めた。ハドソン・ベイのトップを務めるリチャード・ベーカー(RICHARD BAKER)=エグゼクティブ・チェアマンは、かねてからニーマン・マーカス・グループ(NEIMAN MARCUS GROUP)に興味を示しており、業界筋は、ハドソン・ベイ傘下のサックス・フィフス・アヴェニュー(SAKS FIFTH AVENUE)とニーマン・マーカスの統合には意味があると分析している。自らを「百貨店ビジネスのグローバル集合体」と称するハドソン・ベイは、イギリスのセルフリッジ(SELFRIDGE)やカナダのホルト・レンフルー(HOLT RENFREW)を擁するセルフリッジ・グループや、香港を中心に百貨店のレーン・クロフォード(LANE CROWFORD)とセレクトショップのジョイス(JOYCE)を手掛けるレーン・クロフォード・ジョイスにも注目しているようだ。

 一方のメイシーズは、再建策の見直しを余儀なくされそうだ。破談を受けムーディーズは同社の信用格付けを引き下げ。「消費者の買い物がアウトレットやeコマースにシフトするなか、メイシーズの売り上げは厳しくなるばかりだ」との分析もある。

【関連記事】
■全米最大の百貨店メイシーズをカナダ大手が飲み込む?
■米百貨店のメイシーズが1万人以上をリストラ
■米百貨店メイシーズ、2017年初頭までに100店舗閉鎖へ

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら