ファッション

「ウルトラ ジャパン 2017」が開幕 艶、透け感のあるセクシーファッションは健在

 都市型ダンスミュージック・フェスの「ウルトラ ジャパン 2017(ULTRA JAPAN 2017)」が9月16日、東京・台場の特設会場でスタートした。今年は1ステージを追加して、日本上陸4年目を迎えた。3日間で約100組のアーティストがライブを行う。初日は水曜日のカンパネラ、アレッソ(Alesso)らが登場した。

 水曜日のカンパネラのコムアイは、ステージに注目する観衆の背後に脚立に乗って登場する演出で一瞬にして場を盛り上げた。オレンジの髪に、ライムグリーンのジャケット、エメラルドグリーンのサテンパンツというド派手なスタイル。インナーには、ロンドンブランド「ミミ・ウェイド(MIMI WADE)」のTシャツの上にシースルーのブラウスを合わせた。足元は「ナイキ(NIKE)」のスニーカー“エア マックス プラス QS(Air Max Plus QS)”。

 会場には、ダンスミュージック・フェスならではの開放的なファッションの女性たちが集まった。ブラトップはもちろん、ハイレグのパンツなど肌をあらわにしたファッションが目を引いた。シースルーのトップスや網タイツ、エナメル素材のスカートでトレンドの透け感や艶感を加えたスタイルも見られた。メンズファッションは全身ブラックでまとめたコーディネートの他、パートナーの女性とのペアルックが印象的だった。

 薄着が主流で、ヘアアレンジや足元の小物使いもポイントになっていた。ラッパーの2パック(2PAC)のトレードマーク“2パック巻き”のバンダナアレンジをした男性や、編み込みとエクステンションでヘアアレンジを施した女性もいた。シューズは動きやすいスニーカーが多く、文字やカラフルなラインが入ったソックスをあえて見せるスタイルでアクセントを加えていた。

 初日から雨がぱらつく不安定な天気となった。台風が接近し、2日目以降の空模様が心配されるが、KOHH、ザ・チェインスモーカーズ(The Chainsmokers)、アンダーワールド(Underworld)らが出演を控えている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら