ファッション

「ウルトラ ジャパン 2019」が閉幕 スポーツ&ストリートスタイルが最高潮に

 9月14日から2日間の日程で開催された日本を代表する都市型ダンスミュージック・フェス「ウルトラ ジャパン 2019(ULTRA JAPAN 2019)」が、15日に閉幕した。メインステージにはアフロジャック(Afrojack)やギャランティス(Galantis)といった世界的DJと並び日本からはKSUKEが登場し、駆け付けた3万人の観客を前に圧巻のDJプレイを披露した。

 2日目は1日目と打って変わって太陽が照りつける中スタートし、夕方以降は心地よい風が吹く過ごしやすい1日に。昨今のブームからか、NBAやフットボールのユニホームなどのスポーツスタイルが席巻したほか、「シュプリーム(SUPREME)」や「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」のアイテムをはじめとしたストリートの要素を取り込んだスタイルがこれまで以上に増えた印象だ。アイテムではトラックパンツ、迷彩柄アイテム、バンダナ、スニーカーなどが人気で、これらをうまくミックスさせた装いが目立っていた。また、ヘアブースが設置されていることもあり、カラフルなエクステンションを編み込んだ三つ編みや、グリッターやラメをあしらったフィッシュボーン風アレンジなど、派手髪にヘアアレンジした来場者が目を引いた。

 「ウルトラ ジャパン 2019」は1日目3万人、2日目3万人の計6万人を動員。これにより、日本のダンスミュージック・フェスとしては初の通算動員数が50万人以上となった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら