ファッション

「ウルトラ ジャパン 2019」が閉幕 スポーツ&ストリートスタイルが最高潮に

 9月14日から2日間の日程で開催された日本を代表する都市型ダンスミュージック・フェス「ウルトラ ジャパン 2019(ULTRA JAPAN 2019)」が、15日に閉幕した。メインステージにはアフロジャック(Afrojack)やギャランティス(Galantis)といった世界的DJと並び日本からはKSUKEが登場し、駆け付けた3万人の観客を前に圧巻のDJプレイを披露した。

 2日目は1日目と打って変わって太陽が照りつける中スタートし、夕方以降は心地よい風が吹く過ごしやすい1日に。昨今のブームからか、NBAやフットボールのユニホームなどのスポーツスタイルが席巻したほか、「シュプリーム(SUPREME)」や「オフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー(OFF-WHITE c/o VIRGIL ABLOH)」のアイテムをはじめとしたストリートの要素を取り込んだスタイルがこれまで以上に増えた印象だ。アイテムではトラックパンツ、迷彩柄アイテム、バンダナ、スニーカーなどが人気で、これらをうまくミックスさせた装いが目立っていた。また、ヘアブースが設置されていることもあり、カラフルなエクステンションを編み込んだ三つ編みや、グリッターやラメをあしらったフィッシュボーン風アレンジなど、派手髪にヘアアレンジした来場者が目を引いた。

 「ウルトラ ジャパン 2019」は1日目3万人、2日目3万人の計6万人を動員。これにより、日本のダンスミュージック・フェスとしては初の通算動員数が50万人以上となった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。