スナップ

計10万人を動員した「ウルトラ ジャパン 2018」が閉幕 多様性に富むへそ見せスタイル

 9月15日から東京・台場の特設会場で開催されていた日本を代表する都市型ダンスミュージック・フェス「ウルトラ ジャパン 2018(ULTRA JAPAN 2018以下、ウルトラ ジャパン)」が17日に閉幕した。朝から強い日差しが照りつけ、日中は気温が30度を超す真夏日となったが、17時30分頃からメーンステージに登場したアフロジャックに合わせるように非常に激しい雨が打ちつけ、来場者にとっては厳しい天候の1日となった。

 「ウルトラ ジャパン」に訪れる来場者のファッションの特徴の1つとして、似たようなコーディネートをする「ペアルック」や「おそろコーデ」「チームコーデ」があるが、3日目はそれが特に顕著だった。定番のブラトップにレギンスを合わせたへそ見せスタイルでは、チャイナドレスからスポーティー、ダンサー風まで多種多様。また、日本で開催される“フェスティバル”だけに、ハンドメードのおそろいのはっぴを着用した集団客など、思い思いのファッションを楽しむ姿が見られた。

 足元は3日間を通してスニーカーの支持率が高く、一辺倒になりがちなフェスファッションのアクセントとして、機能性よりも蛍光色や派手なカラーリングのものなど、“フェス映え”を意識した傾向があったようだ。

 今年の「ウルトラ ジャパン」は1日目が3万人、2日目と3日目がそれぞれ3万5000人と、計10万人を動員した。