ファッション

遊び心のあるクルーソックスがトレンドの兆し 3日間で16万5000人が来場した「ウルトラ 2018」

 世界最大級のダンスミュージック・フェス「ウルトラ ミュージック フェスティバル 2018(ULTRA MUSIC FESTIVAL 2018以下、UMF)」が3月23~25日、米マイアミで開催された。

 海沿いの会場には8つのステージが設けられ、100組を超すアーティストが出演。最終日の大トリとしてサプライズ登場し5年ぶりの復活を果たしたスウェーデン出身の3人組DJ、スウェディッシュ・ハウス・マフィア(SWEDISH HOUSE MAFIA)をはじめ、アフロジャック(Afrojack)、ザ・チェインスモーカーズ(The Chainsmokers)、デヴィッド・ゲッタ(David Guetta)、マシュメロ(Marshmello)といったダンスミュージックを代表するアーティストを中心としながら、今年は俳優のかたわらラッパーとしても活躍するウィル・スミス(Will Smith)やG・イージー(G-Eazy)、ベッキー・G(Becky G)らヒップホップのジャンルで活躍するアーティストなども多く登場した。

 3日間で16万5000人が来場し、立地条件と天候にダンスミュージックというジャンルも相まって、例年通り「UMF」らしい露出度の高い服装が人気。今年はスポーツとスイムの2つの定番スタイルを軸に、シャツを羽織ったり裾を結んだり、どこかにシースルーやフリンジのアイテムを取り入れたりと、シンプルになりがちなコーディネートに1アイテムプラスした来場者が目を引いた。また、スニーカーやホールブーツ一辺倒になりがちな足元では、遊び心のあるクルーソックスを合わせることで他と差をつけるスタイリングが、フェスファッションの新たなトレンドの兆しを見せていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。