ファッション

露出度高めなコーデが目立つ「ウルトラ ミュージック フェスティバル 2017」

 世界最大級のダンスミュージック・フェス「ウルトラ ミュージック フェスティバル 2017(ULTRA MUSIC FESTIVAL 2017、以下UMF)」が3月24〜26日、米マイアミで開催された。今年で19回目を迎えた同フェス。全8ステージに100組を超えるアーティストが登場し、カール・コックス(Carl Cox)やジェイミー・ジョーンズ(Jamie Jones)、DJ スネーク(DJ SNAKE)などのDJアクトに加え、アンダーワールド(Underworld)やジャスティス(JUSTICE)、ザ・プロディジー(The Prodigy)、メジャー・レイザー(MAJOR LAZER)ら豪華アーティストがライブを披露。3日間で16万5000人を動員した。

 海沿いの会場ということもあり、他の音楽フェスに比べ水着やレオタードといった肌の露出度が高いファッションで知られるUMF。今年はショートパンツにレオタードの定番コーデにシースルーアイテムのコーディネートや、脚にレースを巻いたスタイルが目立った。また、スポーティーなスタイルやカラーサングラスは引き続きの人気。ビニール素材のアイテムや光沢のあるメタリックアイテムを取り入れた着こなしも人気コーデのひとつだ。

 同フェスの日本版「ウルトラ ジャパン(ULTRA JAPAN)」は、9月16〜18日に開催される。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら