スナップ

「ウルトラ ジャパン 2016」初日はフェスファッションの“オールスター”ゲーム

 都市型ダンスミュージック・フェスの「ウルトラ ジャパン 2016(ULTRA JAPAN 2016)」が17日、東京・台場のお台場ウルトラ ジャパン特設会場でスタートした。世界最大級のダンスミュージック・フェス「ウルトラ(ULTRA)」の日本版で、今年で日本上陸3年目を迎える。3日間で73組のアーティストがDJライブを行う。初日はEXILE の白濱亜嵐やクリスタル・ケイ(CRYSTAL KAY)、ざわちん、湊ジュリアナらも姿を見せ、主催者発表4万人がダンスミュージックを楽しんだ。

 同フェスはファッションとの協業も進んでいる。「ヴォーグ・ファッションズ・ナイト・アウト 2016(VOGUE FASHION’S NIGHT OUT 2016)」では、「グッチ(GUCCI)」青山店のパーティーを「ウルトラ ジャパン」がサポートし、同フェスに出演するKSUKEがDJプレイを披露した。また、来場者ファッションに頻出のH&Mも初めて協賛し、VIPエリアにラウンジを開設した。フェス映えするアイテムや秋冬の新作100点を試着できる特設ブースを用意したほか、エリア内のハンモックや芝生に「H&Mホーム(H&M HOME)」のラグやクッションを散りばめて来場者をもてなした。

 来場者のファッションは、ボヘミアンからアスレジャー、コスプレ、チームコーデまで様々なフェストレンドが集結した。中でもクロップド丈のトップスやブラトップでの大胆な肌見せが、アスレジャーの定着と共に年々増加傾向にある。肌見せスタイルにさらりと羽織る総柄のロングカーディガンも人気アイテムだ。

 「ウルトラ ジャパン 2016」は19日までの3日間続く。明日18日には、英DJ誌「DJ Mag」のDJランキング1位常連のエレクトロ・ハウスDJハードウェル(HARDWELL)がヘッドライナーに登場する。

【関連記事】
「ウルトラ ジャパン 2016」2日目はハイブランドのミックスも人気
「ウルトラ ジャパン 2016」3日目はスポーツ人気が爆発