ファッション

「ウルトラ ジャパン 2016」3日目はスポーツ人気が爆発

 「ウルトラ ジャパン 2016(ULTRA JAPAN 2016)」3日目は、雨が降り注ぐあいにくの天気に見舞われたが、オランダのトップDJティエスト(TIESTO)ら25組のアーティストが会場を盛り上げた。フェスを楽しむ来場者ファッションも雨にめげず個性を見せた。ファッションが際立つよう、雨具も透明ビニールのレインコートが多数派だ。

 今年は特に、スポーツアイテムを取り入れた着こなしに勢いがあった。イニシャルのUを象った「ウルトラ ジャパン」のロゴアイテムと並んで、さまざまなスポーツブランドのロゴが来場者ファッションを賑わした。とりわけ「ナイキ(NIKE)」の着用率が高い。特にスニーカーで、”フライニット”の蛍光イエローやレッド、レインボーカラーが人気を見せた。くわえて”NIKE””JUST DO IT”のロゴ入りカットソーやナップサック、ヘアバンドにキャップまで、あらゆるアイテムで登場した。フェスファッションのDIYテクニックも進んでおり、コスプレは無論、Tシャツの裾を切りっぱなしたフリンジ風のリメイクや、ビジューでのデコレーションなど、アレンジが多様化している。また、ヘアバンドとヘアアクセサリーも重ね付けるボリュームがアップ傾向にあった。

 同フェスは最終日も4万人が足を運び、3日間で過去最多の12万人を動員した。

【関連記事】
「ウルトラ ジャパン 2016」初日はフェスファッションの“オールスター”ゲーム
「ウルトラ ジャパン 2016」2日目はハイブランドのミックスも人気

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら