ファッション

「ウルトラ ジャパン 2018」が開幕! 定番のスポーツ&ストリートスタイルは健在

 日本を代表する都市型ダンスミュージック・フェス「ウルトラ ジャパン 2018(ULTRA JAPAN 2018以下、ウルトラ ジャパン)」が9月15日、東京・台場の特設会場でスタートした。17日まで3日間開催され、国内外から80を超えるDJが出演する。

 初日は、ヘッドライナーに今年3月に4年ぶりとなる再結成が電撃発表されたスウェーデン出身の3人組DJスウェディッシュ・ハウス・マフィア(SWEDISH HOUSE MAFIA)のアクスウェル Λ イングロッソ(Axwell Λ Ingrosso)を迎えた他、ヒット曲「Rise」で知られるジョナス・ブルー(Jonas Blue)や電気グルーヴの石野卓球らが登場。会場では、4月に急逝したDJで音楽プロデューサーのアヴィーチー(Avicii)に多くのDJが哀悼の意を捧げ、彼の代表曲「Wake Me Up」や「Levels」をプレーした。

 来場者の多くは、朝から昼過ぎまで降り続いた雨の影響でレインコートやポンチョを着用していたが、「最初から濡れるつもりできた」と肌寒い天候ながら水着や薄手の服装の強者も。例年通りスポーツとストリートのミックススタイルが主流で、スニーカーの支持率が非常に高く、「アディダス(ADIDAS)」の“スタンスミス(STAN SMITH)”や「ナイキ(NIKE)」の“エア マックス(AIR MAX)”シリーズなどの定番スニーカーの他、「バレンシアガ(BALENCIAGA)」や「イージー(YEEZY)」「ワイスリー(Y-3)」などのハイブランドスニーカーも頻繁に見られた。

 また雨の影響もあってか、他フェスでは必需品のサコッシュやウエストポーチ、ショルダーバッグといったミニバッグの使用者は少なく、代わりに防水のスマホケースを首から下げ、財布や小物入れとして使用する姿が目立った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

経営者の皆さん、“脱炭素”を語れますか? 電力と水とファッションビジネス

6月21日号の「WWDJAPAN」は、サステナビリティを切り口に電力と水とファッションビジネスの関係を特集します。ファッションとビューティの仕事に携わる人の大部分はこれまで、水や電気はその存在を気にも留めてこなかったかもしれません。目には見えないからそれも当然。でもどちらも環境問題と密接だから、脱炭素経営を目指す企業にとってこれからは必須の知識です。本特集ではファッション&ビューティビジネスが電力…

詳細/購入はこちら