ビジネス

ロレアルの「ザ・ボディショップ」売却先決まる

 ロレアル(L‘OREAL)が「ザ・ボディショップ(THE BODY SHOP)」をブラジル企業ナチュラ(NATURA)に売却することを決めたようだ。同ブランドの時価総額は現在、およそ10億ユーロ(1240億円)。ロレアルのジャン・ポール・アゴン(Jean Paul Agon)会長兼最高経営経営者(CEO)は、「『ザ・ボディショップ』の新たなオーナー候補が発表できて嬉しい。ブランドのDNAである自然派志向とエシカルマインドを育むことを考えると、最高のオーナーだろう。ナチュラはブランドの長期的な発展に注力する。消費者はもちろん、従業員、取引先、そして株主にも敬意を払う」と話す。

 ナチュラはブラジル一番のビューティ企業。海外ビジネスに注力し、2012年には「イソップ(AESOP)」の過半数株式を取得。昨年は全株式を取得している。同社のジョーオ・パウロ・フェレイラ(Joao Paulo Ferreira)CEOは、「弊社は『ナチュラ』と『イソップ』『ザ・ボディショップ』の3本柱で国際化を促進し、マルチブランド&マルチチャネル戦略に磨きをかける」と話す。

 「ザ・ボディショップ」は現在、世界60カ国で3000以上の店舗網を抱える。創業は1976年。ロレアルは2006年に同社を傘下に収めた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら