ニュース

「ロレアル パリ」が新たなトップを発表

 ロレアルは「ロレアル パリ(L’Oréal Paris)」の新グローバル・プレジデントに、ロレアル北アジア・コンシューマー・プロダクト部門のピエール=エマニュエル・アンジェログロウ=ゼネラル・マネジャー(GM)を任命した。シリル・チャプイ現グローバル・プレジデントは今後、同社で新たな重責を務めるというが、詳細は明らかになっていない。

アンジェログロウ新グローバル・プレジデントは上海をベースに3年間GMを務めてきた。それ以前は、ブラジルで同様の職務を4年、さらにそれ以前はパリのヘアケアブランド「ラスカド(LaScad)」のGMを2年務めていた。

 「ロレアル パリ」は今年2月、パリ・ファッション・ウイークの公式スポンサーを初めて担当。それにともない9月にはランウエイのバックステージを思わせる初の旗艦店をパリに出店した。店舗は現在も月替わりで限定品を発売するなどしている。

 現在、同ブランドの年商は約60億ユーロ(約6960億円)。最近はソーシャルメディアを活用し、シミュレーター・アプリ「メイクアップ ジーニアス」を導入。ミレニアル世代の取り込みを積極的に進め、消費者が親しみやすいブランドの顔として、15人のインフルエンサーやブロガーを起用した。現在、キャンペーンモデルはジュリアン・ムーアやナオミ・ワッツ、ブレイク・ライブリーが務めているが、新たにスーザン・サランドンが加わるという。

(本文中の円換算レート:1ユーロ=116円)

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら