ニュース

「ロベルト カヴァリ」のクリエイティブ・ディレクターにポール・サリッジ

 「ロベルト カヴァリ(ROBERTO CAVALLI)」は5月10日付で、クリエイティブ・ディレクターにポール・サリッジ(Paul Surridge)が就任した。サリッジはグループの全ブランドのクリエイティブ面を担う。9月にミラノで発表される2018年春夏ウィメンズ・コレクションがデビューとなる。
英国出身のサリッジは、セントマーチン美術大学を卒業後、「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」「バーバリー(BURBERRY)」などを経て、07年にラフ・シモンズによる「ジル・サンダー(JIL SANDER)」でメンズのデザイン・ディレクターに就任。11年から14年まで「ジー ゼニア(Z ZEGNA)」のクリエイティブ・ディレクターを、14年以降は「アクネ・ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」のクリエイティブ・コンサルタントを務めてきた。

 ジャン・ジャコモ・フェラリス(Gian Giacomo Ferraris)=ロベルト カヴァリCEOは、「ポールとは共に仕事をしたことがあり、その創造的な才能や管理能力を高く評価してきた。彼はブランドおよびブランディングに関して全方位的なビジョンを持っている。情熱的かつ成熟した素晴らしいチームプレイヤーだ」とコメントしている。

 一方サリッジは、「イタリア生まれの類まれなブランドの伝統を引き継ぎ、さらに発展させることができることを光栄に思う。これは女性のもつ美しさや官能性、パワーをポジティブに表現する『ロベルト カヴァリ』の世界において新たな章を切り開くという唯一無二のチャンスだ」と語っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら