ファッション

「ジル・サンダー」のデザイナー退任

 「ジル・サンダー(JIL SANDER)」のロドルフォ・パリアルンガ(Rodolfo Paglialunga)=クリエイティブ・ディレクターが、2017-18年秋冬ウィメンズ・コレクションを最後に退任することが分かった。

 15年春夏にデビューしたパリアルンガは、「『ジル・サンダー』の皆さまと共に働けたこと、また、ブランドの歴史とレガシーに貢献できたことを大変光栄に思う」とコメントを残した。

 また、アレッサンドラ・ベッターリ(Alessandra Bettari)=ジル・サンダー最高経営責任者(CEO)は「デザイナー本人と共に、この協業に終止符を打つという結論に達した。すばらしい仕事と、ブランドのDNAを守ってくれた彼に深く感謝している」とコメント。

 後任にはルーシー・メイヤー(Lucie Meier)とルーク・メイヤー(Luke Meier)が抜擢される可能性が高いとされている。ルーシーはこれまで、セルジュ・ルフュー(Serge Ruiffieux)「カルヴェン(CARVEN)」クリエイティブ・ディレクターと共に、「ディオール(DIOR)」でラフ・シモンズ(Raf Simons)前アーティスティック・ディレクターのもとでウィメンズ・コレクションとオートクチュール・コレクションを手掛けていた。それ以前は「バレンシアガ(BALENCIAGA)」や「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のデザインチームに所属していた。夫のルークはメンズブランド「オーエーエムシー(OAMC)」の共同創業者兼デザイナー。

【関連記事】
■「ジル・サンダー」が後任デザイナー探しか?

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら