ファッション

「ジル・サンダー」のデザイナー退任

 「ジル・サンダー(JIL SANDER)」のロドルフォ・パリアルンガ(Rodolfo Paglialunga)=クリエイティブ・ディレクターが、2017-18年秋冬ウィメンズ・コレクションを最後に退任することが分かった。

 15年春夏にデビューしたパリアルンガは、「『ジル・サンダー』の皆さまと共に働けたこと、また、ブランドの歴史とレガシーに貢献できたことを大変光栄に思う」とコメントを残した。

 また、アレッサンドラ・ベッターリ(Alessandra Bettari)=ジル・サンダー最高経営責任者(CEO)は「デザイナー本人と共に、この協業に終止符を打つという結論に達した。すばらしい仕事と、ブランドのDNAを守ってくれた彼に深く感謝している」とコメント。

 後任にはルーシー・メイヤー(Lucie Meier)とルーク・メイヤー(Luke Meier)が抜擢される可能性が高いとされている。ルーシーはこれまで、セルジュ・ルフュー(Serge Ruiffieux)「カルヴェン(CARVEN)」クリエイティブ・ディレクターと共に、「ディオール(DIOR)」でラフ・シモンズ(Raf Simons)前アーティスティック・ディレクターのもとでウィメンズ・コレクションとオートクチュール・コレクションを手掛けていた。それ以前は「バレンシアガ(BALENCIAGA)」や「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」のデザインチームに所属していた。夫のルークはメンズブランド「オーエーエムシー(OAMC)」の共同創業者兼デザイナー。

【関連記事】
■「ジル・サンダー」が後任デザイナー探しか?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら