ファッション

ラオックスが宝飾品販売大手「周大福」と業務提携

 免税店大手のラオックス(LAOX)はこのほど、香港の宝飾グループ「周大福(しゅうたいふく)」と業務提携し、東京・新宿の店舗「ウォッチドット(WATCH.)」に日本初のブランドストアを出店する。店舗面積は約80平方メートル。

 およそ3500SKU(最小在庫管理単位)の商品を取り扱い、ファッションジュエリーを中心にファインジュエリーも販売する。業務提携によって訪日外国人だけではなく、日本国内の来店客にもファッション性の高いジュエリーを提案して、新たな市場開拓を目指す。ラオックス店舗への今後の出店について同社は「前向きに計画を立てている」という。

 周大福は、中華圏、シンガポール、マレーシア、韓国、アメリカなどで宝飾品や時計を販売しており、宝飾品の原材料調達からデザイン、加工、販売、市場開拓までを手掛ける垂直統合型モデルを強みとしている。売上高は約7934億円(2016年3月期)。

【関連記事】
■ラオックス16年12月期は一転赤字へ 「爆買い」終息
■ラオックスがシンエイの婦人靴事業を買収

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら