ファッション

ラオックスが宝飾品販売大手「周大福」と業務提携

 免税店大手のラオックス(LAOX)はこのほど、香港の宝飾グループ「周大福(しゅうたいふく)」と業務提携し、東京・新宿の店舗「ウォッチドット(WATCH.)」に日本初のブランドストアを出店する。店舗面積は約80平方メートル。

 およそ3500SKU(最小在庫管理単位)の商品を取り扱い、ファッションジュエリーを中心にファインジュエリーも販売する。業務提携によって訪日外国人だけではなく、日本国内の来店客にもファッション性の高いジュエリーを提案して、新たな市場開拓を目指す。ラオックス店舗への今後の出店について同社は「前向きに計画を立てている」という。

 周大福は、中華圏、シンガポール、マレーシア、韓国、アメリカなどで宝飾品や時計を販売しており、宝飾品の原材料調達からデザイン、加工、販売、市場開拓までを手掛ける垂直統合型モデルを強みとしている。売上高は約7934億円(2016年3月期)。

【関連記事】
■ラオックス16年12月期は一転赤字へ 「爆買い」終息
■ラオックスがシンエイの婦人靴事業を買収

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。