ファッション

「エミリオ・プッチ」のデザイナー、マッシモ退任

 デザイナーのマッシモ・ジョルジェッティ(Massimo Giorgetti)が、今月で「エミリオ・プッチ(EMILIO PUCCI)」のクリエイティブ・ディレクターを辞し、メゾンを去る。彼最後の「プッチ」は、2018年リゾート・コレクションになる。

 マッシモは、「歴史あるブランドでの経験は刺激的で、プロとして成長できた。ただ僕のブランド『MSGM』にもっと注力したい」と話した。

 「エミリオ・プッチ」はすでに後継者探しを始めているが、まだ決まっていないようだ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら