ファッション

伊勢丹新宿に2037年の東京が出現? VRによるショッピング体験

 ポップアップショップ「2037年トーキョーcollection −TOKYO解放区×PARCO−」が4月5日、伊勢丹新宿本店2階のTOKYO解放区でスタートした。期間は18日まで。

 店舗ではVR(バーチャル・リアリティ=仮想現実)プラットフォームアプリ「スタイリー(STYLY)」をダウンロードすることで、自身のスマートフォン上に2037年の東京の街が出現。各コーナーに設置されたビーコンやQRコードをアプリで読み込めば、それぞれの商品に紐づいたVR体験もできる。例えば「アンリアレイジ(ANREALAGE)」では、“過去”と“未来”をテーマにしたトレンチコートを店頭で陳列し、完成形である“現在”を表現したコートはVR上でしか閲覧できないなどといったもの。

 「アンリアレイジ」の他、「オルフェ(ORPHE)」「トマト(TOMATO)」「ぬQ」「浅野いにお」らが参加し、ほとんどの商品はこの企画のために作られたオリジナル。

 ポップアップをプロデュースしたファッションディレクターの山口壮大は「テーマは異次元都市空間“TOKYO”。VR上では、過去と未来の建物が入り混じった2037年の東京を表現した。現実の売り場では伝えづらいロジカルなことを、仮想現実(VR)を使ってわかりやすく直感的に伝えたい。現実とVRが相互に作用して、接客での会話のきっかけになれば」とコメントした。

 7〜19日は東京・青山の「バイ パルコ(BY PARCO)」でも同テーマのショップをオープンする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。