ニュース

「セルジュ・ルタンス」がデジタル施策 アプリやVRを導入

 資生堂傘下の仏フレグランス・コスメブランド「セルジュ・ルタンス(SERGE LUTENS)」は12月5日、AR(拡張現実)を利用したオリジナルアプリの配信、およびボットによるナビゲーションサービスを開始する。また、パリの本店、レ・サロン・デュ・パレロワイヤル・セルジュ・ルタンスにはVR(ヴァーチャルリアリティ)が体験できるアトラクションを設置するなど、最新ツールを活用したデジタルプロモーションの強化を図っている。

 同ブランドは、フランス出身のクリエイターであるセルジュ・ルタンスが自らの名を冠したブランドとして、資生堂から2000年に誕生。セルジュがクリエイションを手掛ける独創的なフレグランスやコスメを全世界に展開している。今回、初となるデジタルプロモーションでは、オリジナルのアプリ、ボット、VRの3つのコンテンツを打ち出す。アプリでは、“水”“蠍”“黒”“鍵穴”“仮面”といったブランドを象徴するアイコンを探しながら歴史遺産であるパレロワイヤルの回廊を“疑似散策”でき、散策中に入手したアイコンを用いた撮影も可能。画像はインスタグラムやフェイスブックへ投稿できる仕様になっている。フェイスブックのメッセンジャーを利用したボットでは、同ブランドに関する質問に自動で返答する対話形式のナビゲーションサービスを提供する(現時点では日本語未対応)。また、パリのパレロワイヤル内に構えるブティック、レ・サロン・デュ・パレロワイヤル・セルジュ・ルタンスでは、VR(ヴァーチャルリアリティ)を体験できるヘッドセット「オキュルス リフト」を設置し、セルジュ=クリエイターの創作活動の拠点となるモロッコの“マラケシュ宮殿”を訪れる疑似体験が楽しめる。

 今回のプロモーションについて、来日したハッサン・サード=レ・サロン・デュ・パレロワイヤル・シセイドー CEOは「最先端のデジタルツールは、ブランドと現代の消費者とのコミュニケーションにおいて見過ごせないものだった。革新的なコミュニケーションによって、ブランドの認知拡大、情報発信を図るとともに、嗅覚、視覚だけでなく全身で『セルジュ・ルタンス』の世界観を体感してほしい」とコメント。これらのツールを媒体に若年層へもアプローチしていく。

 また、同ブランドは2017年から19年にかけて、パリのプランタン内のショップのリニューアルや新ラインのローンチも予定している。