ニュース

「ビズビム」のショーをVRで体感 伊勢丹でポップアップイベント開催

 「ビズビム(VISVIM)」は2月14日まで、伊勢丹メンズ館1階のプロモーションスペースで、ポップアップストアを開いている。昨年6月のピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO)で披露した2017年春夏コレクションを先行販売。英語で「似たもの、比較するものがない」という意味の「ピアレス」をテーマに、1940~50年代のアメリカで使われていたモチーフを、和紙や刺しゅう、版画といった日本古来の技術で表現する。鯉を刺しゅうしたスカジャン“ダグラスジャケット(DOUGLAS JKT)”(62万円)や伊勢丹メンズ限定の雷を描いたパーカ(4万6000円)、ランウエイショーで観客にも配られた竹柄の“ラモシャツ(LHAMO SHIRT)”(5万2000円)、レオパード柄のモカシンシューズ“FBT”(6万8000円)などをラインアップする。

 目玉は、店内に用意したVR(バーチャルリアリティ)だ。「ビズビム」がピッティで初挑戦したランウエイショーをフロントローから見ている疑似体験ができる他、ショーのバックステージも見ることができる。店内には、ランウエイに登場した和紙の鯉のぼりをディスプレイし、床やカーテンなどもショー会場を再現。360度の臨場感を感じながら本質にこだわったプロダクトを手に取れる。イベント初日の8日には、開店前に約100人が列を成した。

 同イベントは、伊勢丹メンズ館で行っている「ピッティ・イマージネ・ウオモ アット イセタンメンズ(PITTI IMMAGINE UOMO AT ISETAN MEN’S)」の一貫。期間中は全館で150以上のピッティ関連ブランドを取り扱っている。

【関連記事】
■グーグルがバーチャルリアリティーサイト、「マックイーン」をVRで
■「セルジュ・ルタンス」がデジタル施策 アプリやVRを導入
■「ビズビム」中村ヒロキがピッティの特別デザイナーに選出 初のトータルコレクションを発表
■「ビズビム」2017年春夏ピッティ・メンズ・コレクション